記事一覧へ戻る

[失敗談] VRのケーブルをまとめようとして失敗した話


更新日時:2ヶ月前 投稿日時:2020-3-7 17:20:25 Author:NokyoGyunyu

きっかけ

先日、Oculus Rift Sを購入し、すぐにVRの魅力に気がつきました。しかし、Rift SとPCをつなぐケーブルを踏むと当然痛いし、断線も怖いです。また僕は外付けマイクを利用しているのですが、そのケーブルもあります。結果…
地獄
ここまでではないけど。整理したいですね!

買ったもの(全部アマゾン)

KIWI design VRヘッドセット用 ケーブル管理セット HTC Vive/VIVE pro/Oculus/Play Station/Windows Mixed に適用 吊り下げ方式 6個セット (ブラック)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0777H24ZG/

サンワダイレクト DisplayPort 延長ケーブル 4K / 60Hz 対応 2m オス/メス ver1.2準拠品 ブラック 500-KC028-2
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07MZQQJ3N/

Amazonベーシック USB3.0延長ケーブル 3.0m (タイプAオス - タイプAメス)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00NH12O5I/

ELECOM ゴチャゴチャなケーブルを整理するチューブ 内径20mm 長さ5.0m クリア BST-20CR
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000CE5D3/

UGREEN オーディオ延長ケーブル ヘッドホン 延長コード 3.5mm高音質 ステレオミニプラグ 延長 ナイロン編み 10000回以上曲げ耐久テスト スピーカー、PC、スマホ、TV、車、等に対応
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07CQKVBSV

結果…

単刀直入に言うと、これらの品々同士の相性がすべて最悪の組み合わせで、大失敗でした。それぞれの製品自体はすごくいいよ!!悪いのはおれの頭!!以下に起こった問題点を述べるのでみんなはよく考えてお金使おう!!
  1. ケーブル整理セットは天井から吊り下げる形式です。輪ゴムでケーブルを止めます。つまり、ぶっといケーブルチューブを止めるゴムの重量的・スペース的余裕は添付品にはないし、一般的な輪ゴムに変えて固定してもすぐ劣化しそうです。
  2. DisplayPortの規格上どうなってるかは忘れたけど、Oculus付属のケーブルは2m。こちらの延長ケーブルも2m。あわせて4m。正直全然足りない。僕の感想では、天井からの吊り下げで快適さを求めるなら総延長6~8mあるといいのかもと思った。最低でもあと1mほしい…※訂正:Oculusのケーブル、ちゃんと調べたら5mもあるらしい。体感2mくらいなんだけど!?と思ってメジャーで測ったら全然長かったわ!俺バカ!しね!
  3. USBはまあオッケー。長さはおいておく。
  4. ケーブルのチューブはたまに百均でも見かけるやつです。すごい入れづらいやつです。もうご想像つくと思いますが、延長ケーブルには中継部分のでっかいコネクタがあるから、それが入らず悪戦苦闘。
  5. これも、マイクアンプの位置を自由にできないので、3mでは全然たりなかった。5m以上、7.5mあるといいのかな。


今後やりたいこと

ケーブルのチューブは、うまく使えば便利なものですが、僕の用途にはまったく合いませんでした。むしろこれにはシンプルな結束バンドがベストでありましょう。
しかしDisplayPortのケーブルがないので困っています。Aliexpressや北米アマゾンを探しているので見つかったら更新します。それか、OculusとPCをつなぐケーブルをすごい長くする方法があったら教えてください。いかがでしたか?(最悪)

遅ればせながらやったこと(3月17日)

DisplayPortのケーブルを延長しました。ろどすたさんありがとう!!延長に使った機材はこれ:
Cable Matters Displayport メスメス DisplayPort 中継器 DisplayPortリピーター 8K 60Hz解像度 DisplayPort 1.4 Oculus Rift S HTC Vive Pro ゲームモニターなど適用
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B082P4YBN6/
安心のCable Mattersが直球で名前を出しているんだから間違いないと思ったら間違いなかった。延長ケーブルではなく「中継器」になっています。当然小さくはないし、別途ケーブルが必要になるけど、裏を返せばもう片方のDisplayPortケーブルの長さが自由になります。
また、電源が一般的なマイクロUSBでの入力になっているため、そちらも自由度が高く、配線がとても楽。Cable Mattersの気配りはさらに続き、壁掛けのためのねじフック穴(??なんと表現していいか知らないけど、適当な木ねじを打って、そのねじ頭を引っかける穴)も空いています。

USBについてもろどすたさんから教えてもらっていたのだけどそっちはまだ買ってない!すまねえ!

コメント一覧:
BLOG内検索
カテゴリー
タグ