記事一覧へ戻る

色々遊べるWinタブレット【CHUWI Hi10 X】


更新日時:14日前 投稿日時:2020-6-21 0:19:59 Author:VTF



久しぶりにWinタブレットを買いました
今回は以前にも購入したCHUWIのタブレットです、これで同社製品は3製品購入しています。

本体仕様

本体サイズ:約261.8*167.3*8.8mm 重量:522g
ディスプレイ:10.1 インチ 1920*1200 IPS
OS:Windows 10
CPU:intel Gemini-Lake, N4100 4コアプロセッサ 最大2.4GHz
GPU:intel UHD Graphics 600
RAM:6GB
ROM:128GB
バッテリー容量:24.05Wh
カメラ:200万画素の前カメラ、200万画素の後カメラ
WiFi:2.4G/5G 802.11a/ac/b/g/n
BT5.0
Type-C x 2( 1 charge or data )
Mini HDMI
MicroSD

この仕様で24000円で購入しました、かなり安いと思ってます

CHUWI Hi10 X 10.1インチ タブレット 2イン1 キーボード別売
https://amzn.to/3fGr1Uh

個人的感想

アルミ削り出しで作られているので非常に質感が良いです、しかし当然ながら重い
10インチタブレットなので当然ですが、尚更重いので普通に持ち歩いて使うには10インチはキツイなと実感しました
8インチくらいが恐らく持ち運びで使うには最適なのかもしれないです、同製品で8インチ版出してくれないかなぁ

注意点として、本体仕様で充電がTypeCなのですが規格違反の仕様で 12V/2AのTypeC充電器がついてきます、これじゃないと充電出来ません
せっかくTypeCなのに活かせていなくて残念、同ポートでデータ通信は出来ます
他に不満は特に無く、強いて言えばこのスペックでデフォルト解像度が【1920*1200】である点 ※厳密には1200x1920※
明らかにスペック不足な解像度だしわざわざスケーリングで拡大しなければならないので微妙です、売り文句のためと理解してますが、うーむ。
キレイに見れるメリットは確かにあるが、物凄く動作が重くなるのでデメリットのほうが大きいです、この製品で解像度は【1440×900】くらいがオススメです

個人的に嬉しかったポイント

この製品、同社旧製品と比べると明らかに神アップデートされた仕様があります
64bit UEFIが使えます、ついに対応しました
これにより、Windowsのクリーンインストールも通常通り出来るし、Linuxディストリも64bit普通に入れられます
遊ぶ難度も範囲も広がってとても嬉しい更新でした
またタッチパネルも当然といえば当然ですが、しっかり誤差なく認識します
以前購入した同社製品はいずれもタッチパネルに特殊なズレがあって、正直タブレットとしての利用はかなり難しかった
あと買っていないですが、スタイラスペンも対応していて、簡単なお絵かきには使えるみたいです 今度買ってみます
 

別売りのキーボードについて



キーボードはドッキングタイプで、結構強めにマグネットで吸い付きます
左右にフルサイズのUSBポートが1つずつあるので拡張性が向上します
しかもこのキーボードはBIOSでも利用できます、USB接続と同じ扱いのようです
配列については当然普通じゃなく、US配列と日本語配列のキメラです
もうこの手の製品は慣れてしまいましたね。
キメラ製品の中ではマシな方で使いにくくは無いです
エンターキーが横幅も小さくなっていますが全く問題なかったです、むしろこれくらいで良いのかも。
ただ

注意点として、このキーボードのタッチパッドはかなり特殊です
先ずOSからは【タッチパッドデバイス】として認識されません
これはWindowsでもLinuxでも同様です
デバイス側で疑似マウスとして実装しているようで、マウスの設定で調節します
よってタッチパッドのジェスチャーが調整も変更も何も出来ません
調整出来ないので無効にも出来ません
なのでOS側で無効にしたい該当するキーコンビネーションのホットキーを無効にする必要があります
凄く厄介でこのタッチパッドは通常のタッチパッドのシミュレータ+αの実装をしているので以下の動作をします(私が把握している限り)

※以下に記載する【Superキー】はWindowsのWinキーと同じです、また挙動はWinもLinuxも同様です※

・タッチパッド上部辺から下方向へ1本指でスワイプ:Super+Dキー
・タッチパッド右辺から左方向へ1本指でスワイプ:Super+Aキー
・タッチパッド左辺から右方向へ1本指でスワイプ:Super+Tabキー
・タッチパッド下辺から上方向へ1本指でスワイプ:Super+Bキー
・2本指で上下スワイプ:スクロール
・2本指でピンチ:ズームイン/アウト
・3本指系:恐らく無し、1本指でのジェスチャーと同じ挙動をする

以上、把握している限りですがこれだけの挙動をします、これらは固定です
また厄介なのが、作りが悪いのか普通に1本指でカーソル操作している時に【Super+Dキー】のファンクション
つまり上部辺から下方向への挙動が明らかに発生しやすいです、誤動作を起こしやすく
WindowsやUbuntuファミリでは全ウィンドウが非表示/表示切り替わり頻繁に切り替わります、凄くストレス
間違いなくこのタッチパッドを利用する場合は、同ジェスチャーはOS側で無効化した方が良いです

以上です、別記事でこの子にUbuntuファミリーを入れた話します、結果を言うとかなり実用的に使えます


コメント一覧: