記事一覧へ戻る

左右分離キーボードと液タブは相性が良い


更新日時:12日前 投稿日時:2020-5-14 16:36:04 Author:shikask




 

概要

Mistel Barocco MD770 茶軸という台湾製のキーボードをツクモで購入しました。
光らない方です。LEDの光るタイプはAmazonで売っています。

メカニカルキーボードであり、マクロ機能も搭載されています。
ちなみに、注文したその日に発送され翌々日には届きました。北海道でこの速さはすっげぇ。

左右分離キーボードは現在、メーカー品はほとんど販売しておらず自作キーボードが主流のようです。
1万円台で使い勝手の良さそうなものがゴロゴロ売ってるけど、自分ではんだ付けや組み立てをする勇気はなかった。
 
重要

私は左利きです。液タブキーボード配置問題は利き手によって差が出ます。



 

何故左右分離キーボードを選んだのか

液タブとキーボードの配置に関して、私はかーなーりわがままです。
  • 液タブに角度をつけたくない
  • 収納台によって液タブをテーブルから浮かせたくない
  • 移動もできればしたくない
  • 身体と液タブの間に隙間をつくりたくないし物を置きたくない
  • 利き手を画面から大きく移動させたくない
  • キーボードで長文も打ちたい
  • 省スペースで活動したい
このように、キーのショートカットの問題ではなく、全体配置の問題なのです。
左手デバイスがどうとかそういう事じゃあないんだ。これらを解決するにはもう分離しかないと思った。


 

使用例



あ~楽。デッドスペースも減りました。

 

これまでの環境

マウスの上部、つまりは右上に小ぶりのキーボード(Logicool K480)を配置し、ショートカットは右手の片打ちのみで行っていました。
絵を描く際には気に入っていたのですが、それ以外が最悪でした。
Mixerでコメントを打つ時・ブログ記事など長文を打つ時、左半身を斜めに伸ばし無理な姿勢をとる、または、よっこらせと液タブを左上にずらし・よっこいしょとキーボードを正面に持ってくる生活。
キィーーッ!!

 

現在の環境

カールコードが付属していましたが、液タブの背面を通すには長さが足りなかったので、
Nimaso USB CtoCケーブル 1m』を別途購入しました。通常のUSBケーブルでは認識しない、といくつかの紹介記事で書かれていたので、念のためPD対応(急速充電可)のものにしました。

また、右側のみゴム足を装着し角度を付けています。左側は手首から近いからか?ペンを握ったまま打つ状態が多いからか?平らな方が打ちやすいです。

前述したストレスが無くなり、買ってよかったとは思いますが、メカニカルじゃなくていいからもうちょっと安いのが欲しかった、というのが本音です。
軸とか、わかんないし…youtubeで音を聞き比べて茶軸にしました。どうやら正解だったようです。気持ちの良い音がします。

15年ほどパンタグラフ系のキーボードを使っていたので、指が上がらず誤字がとにかく多いですが、US配列は特に苦ではありません。
"バカ"と打つ時に、Bを右人差し指で打つ癖のあることが発覚しました。今でもたまにスカしますが、これくらいです。幸いにも標準的な運指だったようです。ありがとうワープロ。


あ、ちなみに、左手デバイスとして最もオススメなのは、Nintendo SwitchのJoyコンです。
利き手に依存しない・軽い・腕を降ろした姿勢が楽だからです。
 


 

まとめ

液タブのために揃えるにしてはやや高いです。(約1万7000円)
キーボードの運指がめちゃくちゃな方、US配列に恨みがある方には絶対おすすめしません。
液タブキーボード配置問題に対する選択肢の一つになれば幸いです。

 

コメント一覧: