記事一覧へ戻る

Speech To Trans 棒読みちゃん対応などアップデート

by VTF


Posted on 2019年03月08日 18時53分33秒


■変更点

  • 棒読みちゃんへの送信に対応しました
  • 棒読みちゃん、ブラウザ読み上げ 同時に利用出来ます

※ブラウザ読み上げは仕様上翻訳結果の読み上げのみ対応しています

棒読みちゃんへの送信にコマンド入力欄に任意の文字列を挿入することで、送信文字列先頭に任意の文字列を挿入出来ます
音量、ピッチ、読み上げ速度は指定通りになります(※棒読みちゃんでボイスロイドプラグインなど利用している場合は適用されません
 

■ボイスロイドとの併用についてメモ

棒読みちゃんへ飛ばせるようになったので、翻訳音声(browser)+棒読みちゃんの読み上げ(自分の音声の代行)が同時に出来るようになりました
両方有効にし、棒読みちゃんで以下のプラグインを利用します

Wangdora氏提供Voiceroid Talk Plusプラグイン

上部に赤いボタンで【download】とあるので、そちらからダウンロード可能です、提供されているWangdoraさんに感謝です

設定について、私の場合、使えるボイスロイド全てでランダム読み上げ、自分の音声認識の声は指定したボイスロイドで読み上げ、としてます

■棒読みちゃんの設定

必須設定はプラグイン有効化(websocket,ボイスロイドプラグイン)
そして【配信者向け機能】は無効化してください(そうしないと声の振り分けが出来ない)

■ボイスロイドプラグインの設定

Ver.8.1.0.2 時点での設定方法です


1.左下にある【プリセットを読み込む】からインストールしているボイスロイドを読み込み
2.読み上げから外したいプリセットを左側クリックして【選択行を削除】で対象を削除します
  ※削除する際に棒読みちゃんでエラーが出ますが無視して構いません
3.自分の声にしたいプリセット横に任意の文字列を入力します これはSTTにも設定するので覚えましょう
4.【VOICEROID2を利用する】、【ランダムに読み上げる】、【常に読み上げる】をそれぞれ有効にします
最後に【即反映】を押して完了です、ウィンドウは閉じて構いません
 

■STTの設定

1.【棒読みちゃんを利用する】、【ブラウザ読み上げを利用する】両方にチェックを入れてください
2.棒読みちゃんを利用するの下にある設定から【認識文字列を読み上げる】にチェック
3.コマンドに【ボイスロイドプラグインの設定、3で設定したコマンドと同じ内容を入力】

以上で自分の音声は指定したボイスロイド、翻訳結果はブラウザ読み上げの音声となります
また同時にコメント読み上げを棒読みちゃんでやっていた場合は、コメントの読み上げはrandomなボイスロイドになります

将来的に更に細かく指定できるように実装したいですね。

以上です
Leave a Comment:
Search