記事一覧へ戻る

今日のチラシ キャプチャユニット編

by wonder-1212


Posted on 2019年02月27日 23時45分00秒


おはようございます&こんばんは。

初投稿ではありますが、今回は配信で現在使用中のキャプチャユニット、
pengo社製4K HDMI Grabberを紹介します。

4Kとは書いてあるものの、入出力の解像度が4Kまでなだけで、取り込めるのは
フルHD(1920x1080 60fps)として。

ちまたに数あるキャプチャユニットですが、
付属のケーブルで、USB2.0 or USB3.0端子に差し込むだけ。
余計な視聴・録画ソフトはつかず、17,880円でAmazonで販売されています。

管理人のVTFさんの配布されているOBSや、公式のOBS「映像キャプチャ」
使って取り込むだけで済んじゃいます。


上記の画像のように、HDMI出力も付いていますので、
OBS上だけでなく、テレビや液晶ディスプレイに繋いで、遅延のない映像を見ることも可能です。



現時点ではUSBからの入力での音声入力の低域がかなり弱く、今後のアップデートでの対応とのことでした。
私が現時点での解決方法としているのは↓

この画像にもある本体のヘッドホン端子から、PCのLine IN端子へ「ステレオミニプラグケーブル」を
使って繋いで解決しています。

もう一点、うちのテレビが古すぎたせいもあるようなのですが、
2008年製のSONYのテレビではパススルーはできるものの、キャプチャした映像の色がおかしくなるということも
あったことは、お伝えしておきたいと思います。
(現時点では、三菱製のPC用ディスプレイに接続していて、パススルー先もキャプチャした映像も問題ありません。)

 

海外メーカーということでサポートの対応は・・・?と思ったものの、
何度かやりとりをしましたが、メールを送った翌日には回答がありました。
サポート担当のチンさん、ありがとう()

使い方編も後日書いてみたいと思いますので、
しばらくお待ちくださいませm(__)m


気になった方は下記のリンク先をご覧くださいませ♪


Leave a Comment:
Search